カーテンの短いのが寒い原因?隙間からくる?窓からの対策は?

カーテンを閉めて温度調整する女性
寒さ対策としてやっておきたいのが、カーテンの見直しです。

カーテンが短かったり、薄かったり、隙間があったりでは、窓からの冷気を防ぐことができません。

冬本番が来る前に、ちょっとでも電気代を節約できるように寒さ対策を紹介したいと思います。

カーテンの短いのが寒い原因?

暖房をしていても、どこからか冷気が入ってきて寒いことがありますよね。

その冷気のほとんどが窓からくるものです。

まだリビングなどだと、暖房を高めにして寒さをしのげますが、寝室だと暖房もかけっぱなし状態で寝る人は少ないです。

そんな日は布団にくるまっても、窓からの冷気で寒いです。
特にベッドは窓の下に設置されている場合が多いので、窓からの冷気対策は必須なのです。

そこで自分の家のカーテンが今どんな状態なのか確認してください。

サイズの合わない短いカーテンを使用していませんか?

冷気は暖気と違い下へ下へと降りる性質なので、カーテンの下にベッドがある場合は特に寒さを感じてしまいます。

最低でも窓枠から10cmは長くして、冷気が入らないように内側に止めるのをオススメします。

カーテンの隙間からくる寒さとは?

寒さ対策にカーテンを取り付ける
窓からくる冷気の侵入を防いでくれるのがカーテンなのですが、冬場の寒い時期になると、そのカーテンの隙間から冷気が部屋の中に入ってきているのがわかります。

この現象はコールドトラフトと呼ばれ、窓の前で冷やされた冷たい空気が下に下がり冷たい風のようにカーテンの隙間から入ってきます。

カーテンの隙間から入ってくる冷気が寒さを感じさせているのです。

でも私達が使っているカーテンは上下、横など隙間ができていますよね。

冬場の寒い時期には、すきま風の対策をするだけでかなり違うようなので、対策を紹介したいと思います。

窓のカーテンからの寒さ対策とは?

エアコンの横のカーテン
寒さは窓からやってきます。

窓からの冷気を防ぐことが寒さ対策の1つです。

まずは、完璧に寒さを防ぎたい人にはリフォームがオススメです。

二重窓断熱を使うことで、冬場の寒さだけではなく、夏場の暑さ対策、電気代節約に役立ちます

お手軽に済ませたい人には、100均やホームセンター、ネットショップなどで役立つ商品が発売されています。

中でも人気なのが窓に立て掛けるだけで冷気を防げるボードです。

1,000円から3,500円前後で購入できるので使いやすいと思います。

もっと安くしたい人にオススメなのが、スーパーなどに置いてあるダンボールを組み合わせ、窓より少し大きく作ると、同じ効果が得られます。

ホームセンターで売っている断熱シートも使いやすくてお手軽です。

でもダンボールは室内には味気なく感じますし、冬場だけのことなので、できるだけお金をかけずに、家にある物だけで対策したいと思いませんか。

ご参考までに、主婦の私が実際にやった方法をご紹介します。

窓の横からのすきま風には、市販のボックスカーテンを、参考にして、カーテンのフックをレールの端っこまで延ばし、カーテンとカーテンの隙間には洗濯ばさみを使って閉じカーテンの裾に要らなくなった布をつけたして長くしました。

まとめ

冬の寒さを防げるなら防ぎたいです。
そして、できるならお金をかけずにしたいものです。
主婦ならではの対策、一度参考にしてみてくださいね。

関連記事

お風呂の水垢掃除をクエン酸で?注意点は?使い方は?

ミネラルウォーターを手にする若い女性

ミネラルウォーターの選び方は?硬水と軟水とは?比較を硬度では?

白い背景に置かれた電子タバコ

電子タバコは依存症になる?リキッドはニコチン入り?害はないのか?危険の噂の真相!

電動ドライバーを使ってワイヤーラックを取り付ける女性

100均の収納でキッチンは片付く?調味料はどうする?食器は?

賃貸マンションの解約手続をする女性

賃貸マンションの解約時の違約金は?手続きは?敷金返還はあるの?

節電タップとブタさんの貯金箱

光熱費の節約方法は?簡単なのは?裏ワザはある?