引越し単身格安は注意?相場はどのぐらい?近距離は?

引越業者が荷物を運ぶようす 引越しといえば、こまごまと梱包をするのも面倒だから、全部業者に任してしまえ!という人もいますが、引越しの規模ややり方によっては、自分でする方が安いこともあります。 損をしないように相場をチェックしつつ、安い引越しのデメリットも知っておきましょう。

引越し 単身 格安は注意?

格安の引越し業者があれば、お得だとみなさん思うでしょうが、相場を知らずにあまりに安い業者に頼むと、痛い目に遭うこともあります。 その一つは、引越しが終わってから費用が追加されるケースです。
  • 見積の段階では○円だったたが、実際の荷物を見たらもう少し多かった
  • この費用は見積対象外
というように、後から後から金額が増えてしまい、最終的に通常以上に高くなってしまうこともあります。
  • これですべての料金なのか?
  • 追加される可能性がある項目は何で、いくらで、どのような場合に追加が発生するのか?
を確認しておきましょう。

引越し 単身 相場はどのぐらい?

引越荷物の見積をする男性 次に、単身で行う引越しの概略の相場を知っておくことも非常に大切です。 しかし、荷物の量も違えば、引越しの距離も違うと、一概に相場と言っても調べるのが難しいでしょう。 また、引越し業者1社1社に連絡をして見積を取得するのも時間がかかりますし、パンフレットを並べて見比べるのも大変です。 そこで利用したいのが、複数の業者の見積を一括でできるサービスです。 細かい部分は、最終的に確認が必要ですが、概略の相場はこれで十分わかります。 どこもだいたい同じだろうと思って、相場を知らずに契約をするケースも少なくないと思います。 引越しはたいてい急に決まるものなので、ゆっくり見積を取得している暇もないと思いがちですが、相場を知っておけば金額交渉もしやすいですよね。

引越し 単身 近距離 自力も有り?

引越の荷造りをする男女 最後に、引越しが近距離の場合です。 単身だと荷物があまりなく、大きな家電などを除けば、あとは自分で運べる程度ということもありますよね。 その場合は、ちょっと家族や友人に頼んで軽トラックか何かで大きな家電だけ運び、あとは自分で運んだ方が安く上がります。 また、引越しの繁忙期は、時間指定をしなければ金額が安くなるケースもあります。 上手に安くなる方法を模索しましょう。

まとめ

引越しって、最終的に金額を見てみると、意外とお金がかかるものです。 遠方だったり、荷物が多いと業者に頼んだ方がいいでしょうが、そうでない場合は自分でするという選択肢も頭のどこかに置いておきましょう。