花粉症の症状で熱がでるの?見分け方は?緩和するにはどうすれば?

花粉症 症状 熱 花粉症は人によっていろんな症状があり、症状の軽い人から重い人までさまざまです。 私自身も毎年、花粉症に悩まされる一人で、どうにかこの苦しみから解消されたいと、いろんなことを試してきました。

花粉症の症状で熱がでるの?

花粉症 症状 熱 花粉症の症状といえば、多くの人がくしゃみ鼻水だと思います。 人によっては、目のかゆみだったり、ときには体がだるく熱っぽい日もあるでしょう。
  • なぜ花粉によって熱っぽい症状が現れるのでしょうか?
体内に入ってきた花粉を、体が風邪ウィルスと勘違いして、熱を上げて退治しようとしている状態
と考えられています。 でも、はっきりとした原因はまだわかっていないようです。 個人的には、上記の風邪ウィルスとの勘違いによる原因がいちばん納得できる気がします。 体の勘違いとはいえ、異物(花粉)に反応して、熱を出して退治しようとする人間の機能というのは、なんだかすごいですね。

花粉症の症状の見分け方は?

風邪の熱と、花粉症による熱では、どちらが原因で熱っぽいのかわからないときもあります。 鼻水やくしゃみは風邪のときにも表れる症状なので、
  • 風邪薬なのか?
  • それとも花粉症の薬にしようか?
  • 病院ではどの科を受診すればいいのか・・?
といろいろと迷ってしまいます。 まず、花粉症での熱症状では、微熱の場合がほとんどだそうです。 高熱の場合は、風邪などを疑った方がよさそうですね。 そして花粉症の場合は、他にも目のかゆみなど熱以外の症状も一緒に表れます。 鼻やのどのかゆみなども花粉症による症状の特徴でもあるので、そういったアレルギー症状に微熱が加わる場合は、花粉症による症状の可能性が大きいです。

花粉症の症状を緩和するには?

花粉症 症状 熱 熱っぽく感じ、寒気を感じるようであれば、風邪のときと同じように体を温かくして安静にして過ごしましょう。 花粉症の市販薬はたくさん売られていますが、私自身あまり絶大な効果を感じた薬に出会ったことがありません。 薬で症状が抑えられる人は上手に活用していくとよいと思います。 明らかに花粉症の症状が他にもあって、微熱が続くようであれば耳鼻科を受診しましょう。 耳鼻科の方が、高熱の患者さんがいる可能性も少ないので、体の抵抗力が弱っているときにはなるべく発熱している患者さんとの接触は避けるべきです。 しかし、自分で判断できない場合には、まずは内科を受診することをお勧めします。 もしかして、花粉症ではなく他の原因があるかもしれません。

まとめ

くしゃみや鼻づまりだけでも辛いのに、熱まであると仕事や家事どころではなくなってしまいます。 ヨーグルト甜茶など、薬の他にも花粉症に効果的と言われている食品があります。 こういったものは、花粉症シーズンになってから摂取するのではなく、日ごろから続けることで効果を実感できる場合が多いです。 私も現在、甜茶サプリメントを飲んでいます。 今年こそは花粉症が少しでも軽いと良いなと思っています。