結婚式の節約を花でする方法は?ブーケは?会場装花は?

結婚式 装花 節約 結婚式を挙げる為に準備を始めると、決める事が多くて大変。 忙しい合間にペーパーアイテムを手作りしてなんとか少し節約成功。 でも着たいドレスを選んでしまうと、予算がオーバー。 衣装は諦めたくない・・引き出物のランクを下げる訳にはいかないし。 他に、節約出来る所はないかしら・・? そこの悩める花嫁さん!お花を節約するという方法がありますよ!

結婚式の節約を花でする方法は?

結婚式 装花 節約 お花に限らずですが、費用を節約する為に1番大切な事は”持ち込み料”が発生するかです。 会場によっては花嫁さんの使う小物でもアクセサリーは持ち込み可、ブーケの持ち込みは不可。 という場合もあるので、出来たら会場を契約する前に細かい項目で確認する事をオススメします。 次に節約する方法は”花の種類を指定しない”です。 お花にも旬があります。 時期ではないお花を選択するとその分、単価が上がってしまいます。 予算やイメージ、色などは伝え、ある程度お花屋さんにお任せすると予算内で季節のお花を使って、用意してくれます。

結婚式の節約 ブーケは?

持ち込み料が無料の場合、会場の価格と外注での価格を比較すると、本体の価格は外注の方が安く済みます。 しかし持ち込みの場合、ブーケがいつ会場に届くのかによってはお花の鮮度が落ちるというリスクも含めて考えましょう。 また、ブーケといえば”ブーケトス”の演出が有名ですが、これをするorしないでは式で使用したブーケと別にブーケを新たに用意しなくてはいけない事が多いので演出によっても費用が変わります。 最近はシルクフラワーというクオリティの高い造花もあるので手作りのブーケを式中に持ち、ブーケトスの時だけ生花を使うというのも節約する方法の1つです。

結婚式の会場装花を節約する方法は?

会場にもよりますが、花を飾る場所は数多くあります。 ”魅せたい場所を決める”がコツです。 例えば玄関は建物の顔と考えて豪華に、挙式会場で過ごす時間は短いので花は披露宴より控えめにする。 メインテーブルとゲストテーブルならどちらに重点を置くか等、こだわりながら、抑える所も決めていきます。 次に”代用品の装飾”です。 ゲストテーブルも装飾も生花のみで行うのではなく貝殻やリボン、演出でも使えそうなキャンドルなど生花と組み合わせる事で花代を抑えても貧相にみえない装飾が作れます。

まとめ

結婚式 装花 節約 お金をかければかけるだけ、豪華なお花が用意出来ますが、節約をし過ぎても印象が弱くなってしまったりと、難しい部分です。 一生に一度しかない結婚式なので予算的にも、自分達の気持ち的にも満足するという事がなにより大切だと思います。 ぜひ、沢山悩んで工夫して素敵なお花と幸せに包まれた1日を過ごして下さいね。