お弁当の献立の立て方は?食費を節約するコツって?

お弁当の献立 食費を節約したいと考えている人は多いと思います。 食費を節約するためには、いくつかのコツがあります。 今日はそんなコツをいくつかご紹介していきたいと思います。

食費を節約するコツって?

まず、毎月の食費がどれくらいかを把握することが必要になってきます。 なんとなく買い物していて、毎月結局いくらくらい食費に使っているのかわかっていない方もいると思います。 家計簿をつけるのは面倒くさいという方は、せめてレシートだけでもノートに貼り付けて記録しておきましょう。 1か月の食費がどれくらいかかっているかがわかったら、そこから食費の無駄をなくしていきましょう! 食費を節約するということは、まず買った食材を無駄にしないということです。 野菜を使い切れずに腐らせてしまうという方は、まず、野菜を買う前にどんなメニューを作るかを頭に入れてから買いましょう。 私は、1週間分の買い物をだいたい1回で済ませます。
  • 1週間に使うメインの食材(お肉3種類・魚1種類)
  • 野菜類
  • 豆腐・揚げ
  • 練り物
もちろんこのまま買い足しがなければかなり優秀ですが、どうしても足りなくなることもあります。 そんなときは、あと1回、追加で買い物をします。 私の場合は、買い物の回数が減れば減るほど、食費が抑えられる傾向にある気がします。

お弁当の献立の立て方は?

お弁当の献立 節約のポイントは、1週間分の献立を立てることだと思います。 献立が決まっていれば、必要な食材を買うだけでいいので、無駄な買い物が減ります。 そんな献立の立て方のコツは
  • 献立はざっくりと考える。 細かく考えてしまうと、1週間分の献立を考えるのが嫌になってしまうと思います。
  • 献立を考える際、使い回せる食材を中心にして考える。 使い回しのバリエーションが多い食材を選ぶようにします。 例えば、お肉なら挽肉豚ばら肉などです。
  • その日、安い食材を献立にいれる。 やはり食費を抑えるには安い食材に頼ることが大切ですよね。
  • 買い物に行く前に、冷蔵庫に残っている食材を確認する。 うっかり家にまだあるものを購入してしまうこともあると思います。 そういったことを防ぐために、事前に冷蔵庫の中身を確認することが食費を節約するポイントです。

食費を節約するお弁当の作り方を教えて!

お弁当の献立 食費を節約するためには、お弁当作りは外せないかなと思います。 外食からお弁当にするだけで、だいぶ食費が抑えられます。 でもお弁当の食材を余分に買っていたら、節約とは言えませんので、お弁当のおかずはなるべく夕飯で使う食材を使い回すようにしましょう。 前日の夕飯を多めに作って、お弁当用にするのがよいですね。 夕飯を作るときに、次の日のお弁当メニューもざっくりでいいので考えておきましょう。 ハンバーグ唐揚げなどは多めに作り、お弁当用に冷凍しておくと、翌朝がラクです。 ストックがあることで、食費も抑えられ、お弁当作りの時間も短縮できて便利ですよね。 ちなみに、お弁当の定番卵焼きも、実は冷凍できるって知っていましたか? お弁当用に卵焼きを焼いて一切れずつ切り分けて、ラップで包んでから冷凍庫へ。 冷凍のままお弁当に入れて自然解凍すれば、お昼にはおいしい卵焼きが食べられます! ぜひ一度作ってみてください! 時間も節約できますよ!

まとめ

いかがでしたか? 節約というとなんだか面倒くさいイメージかもしれませんが、意識するだけでかなり違ってくると私は思います。 やればやるだけ成果が出るのが節約だと思います! 面倒だなぁと思わずに、逆に楽しむくらいの気持ちで、節約生活してみましょう!