温泉は肩こりに効くのか?効果のある泉質は?おすすめは?

肩こり 温泉 温泉・・・ 身体によさそうな響きがありますよね。 ゆったり浸かると、日頃の疲れを取り除いてくれそうです。 そしてよく聞くのが「温泉は肩こりに効く」というフレーズです。 温泉にはさまざまな効能があり、それを目当てに行く人も多いです。 今回は温泉と肩こりについて考えてみたいと思います。

温泉は肩こりに効くのか?

温泉を目当てに旅行する人は多いです。 日頃の疲れやストレスを改善し、リフレッシュを求めに行く方がほとんどではないでしょうか。 昔の人は怪我を治したり、病気を治したりする目的で温泉に通っていたそうです。 ではなぜここまで温泉に人気が出たのでしょう? 最も大きな理由は効能ではないでしょうか。 温泉に入って温まることで、末梢の血管まで広がり新陳代謝が高まるので、体内の老廃物が排出されて疲労回復につながります。 温泉に浸かることでさまざまな効能の成分(泉質)が皮膚から吸収され、持病の改善が期待されるからです。 例えば、
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 神経痛
  • 関節痛
  • うちみ
などの症状への効果が期待されますが、泉質によって効能成分が異なるので、自分に合った温泉を見つけるのがよいです。 また、日常とは違う環境に行くことで、ストレスが解消されて精神疲労にも効果的だということです。

肩こりに効果がある温泉の泉質とは?

肩こり 温泉 日本で一番多いのが単純泉です。 肩こりに効くのは、アルカリ性単純泉塩化物泉、そして単純泉も含まれています。
  • 単純泉 成分は単純ではなく、含有成分が一定量に達していないので、刺激が少なく身体に優しい温泉のことです。 優しいので、肌に刺激が少なく、ゆったり入浴できるので、身体の芯から温めてくれて血行の促進につながり、肩こりの改善が期待できます。 小さいお子さんから高齢者まで安心して入浴できます。
  • 塩化物泉 食塩を含んでいる無色透明のお湯でよく温めるのが特徴です。 塩化物泉に入浴すると、塩分が皮膚に付いて汗の蒸発を防いでくれるので、保温効果が高くて血行もよくなるので、肩こりへの効果が期待できます。 塩分が多く含まれているので、皮膚が弱い人が長湯をすると、副作用が起こる場合があるので注意してください。
  • アルカリ性単純泉 単純泉と同じで、含有成分が一定量に達していないので肌に優しく、pH値は8.5以上あるので、肌の角質を取ってくれて美肌効果も一緒に期待できます。 「美肌の湯」とも呼ばれているので、肩こりを持っている女性は好んで入浴する泉質です。

肩こりに効果のあるおすすめ温泉は?

ここで、以上を踏まえながらオススメの温泉を紹介したいと思います
  • 熱海温泉 全国の中でも有数の温泉が集まっている温泉地です。 主な泉質は塩化物泉で、観光名所としても有名な場所で、温泉に浸かりながら風景も楽しめるので、リフレッシュ効果も期待できる場所です。
  • 下呂温泉 単純泉との違いは入ったときのヌルッとした感触で、この感触が強いほど、アルカリ性が強く肌によいと言われています。 下呂温泉は、通常のアルカリ性単純泉pH値8.5以上よりも高く、pH9.18もあるので、女性には特に人気のある温泉です。

まとめ

肩こり 温泉 温泉、いいですよね。 肩こりも治ってくれそうな気持ちになりますが、実際に血行がよくなる成分が泉質に含まれているので、期待が持てますよね。 私は温泉に行くときに、必ず泉質と効能を確認して入浴します。 ほとんどの温泉の泉質が肩こりには効くようなので、リフレッシュを兼ねて行ってみるのもよいですよ。