ミネラルウォーターの選び方は?硬水と軟水とは?比較を硬度では?

ミネラルウォーターを手にする若い女性
美容や健康に対する意識が高まって、水を買うことが多くなりました。
しかし、私たちは、ラベルやブランド名でなんとなく水を選んで買っています。

でも、水には目的に合った選び方があります。
ポイントを押さえて、これからは水を選ぶときに役立ててください。

ミネラルウォーターの選び方は?

ミネラルウォーターをグラスに注ぐようす
ミネラルウォーターには、軟水と硬水があります。

マグネシウムとカルシウムの含有量の違いによって分けられています。
カルシウムとマグネシウムを多く含むものが硬水で、少ないのが軟水です。

WHO(世界保健機関)は、
マグネシウムとカルシウムの含有量から算出した「硬度」が

  • 120mg/l以下を軟水
  • 120mg/l以上を硬水

としています。

  • 硬水は、スポーツの後の水分の他にミネラルの補給に適しています。
    ダイエットなどで食事制限しているときに、ミネラルが不足するのを補うのに良きパートナーになってくれます。
    腸を刺激して、便秘の解消にも役立ちますが、飲みすぎると下痢になるので注意が必要です。
    苦味があり、口当たりが重く、のどごしも硬い感じがします。

    健康や美容に目的意識を持つ人に向いているといえるかもしれません。
    食生活が欧米化し、ミネラルが不足しがちな現代日本人の健康にも役立ちます。

  • 軟水は、口当たりがまろやかで、飲みやすく、さっぱりとしています。
    日本で採れるのはほぼ軟水のため、軟水に親しんできた日本人の飲料としては向いているといえるかもしれません。
    また、料理で煮物などの素材の風味を引き立たせたり、緑茶をおいしく入れられます。

    炊飯のときに使うと、お米が水をよく吸収するようになるため、ごはんがふっくら炊けます。
    軟水は、泡立ちがよく、洗剤を使ったときの汚れがよく落ちる特徴があります。

    このように、おいしさや飲みやすさなどを求める場合には、軟水が向いているといえるでしょう。
    刺激が少ないので、赤ちゃんやお年寄りには硬水より軟水の方が向いているといえます。

このように、水の硬度に着目すると、水を購入するときの選び方が変わってくるのではないでしょうか。

次に、もう少し詳しく硬水と軟水について見ていきましょう。

ミネラルウォーターの硬水とは?軟水とは?

ミネラルウォーターを硬水と軟水に分けるのは、その硬度の差です。

硬度は

(マグネシウムの量mg/l×2.5)+(カルシウムの量mg/l×4)

で算出されます。

一般的には、

軟水  硬度100mg/l以下
中硬水 101mg/l以上300mg/l以下
硬水  301mg/l以上

とされています。

日本で算出されるミネラルウォーターは、沖縄のさんご礁でできた石灰地質の地域でとれるミネラルウォーターを除き、ほとんどが軟水です。
国土が狭く、河川も急傾斜であることから、ミネラルを含有する時間が短いため、軟水が多いと考えられます。

それに対して、ヨーロッパや北米では、雪解け水や地下水が広大な石灰岩地質にゆっくり時間をかけて浸透し、地下を流れていく際にミネラル分が溶け出し、硬水になります。
炭酸ガスが含まれるミネラルウォーターが産出されるのも同じ理由からです。

このように、硬水と軟水は、産出される大地の地殻物質の違いによって変わってくることがわかります。

では、次に日本で比較的人気の高いミネラルウォーターについて、その硬度と特徴を実際に見ていきましょう。

ミネラルウォーターの比較を硬度では?

  フィットネスの途中で水を飲む女性

  • ヴォルヴィック
    世界中で愛飲されているミネラルウォーターです。
    約1万年前の火山活動の後できた特別な大地でろ過された水が人工処理されずにボトリングされています。
    気になる硬度ですが、硬水の多いヨーロッパでは珍しい硬度60の軟水で、すっきりした飲み口が根強い人気の理由でもあるようです。
    その他、塩分含有量が少ないので、ナトリウムを気にしている方にはよいかもしれません。
  • コントレックス
    フランスのロレーヌ地方のミネラルウォーターで、硬度は1468の世界4位の硬度です。
    そのため、マグネシウムとカルシウムを豊富に含み、カロリーゼロのため、ダイエットパートナーとして女性から高い人気を誇ります。
  • 六甲のおいしい水
    赤道を越えても腐らない水として世界中の船乗りに愛されています。
    神戸六甲山系のミネラルを豊富に含む硬度83の軟水です。
    赤ちゃんのミルク、炊飯用、コーヒーを入れるのにも向いています。
  • エビアン
    硬度291の中硬水です。
    EUの厳しい基準をクリアして採取されている世界的に有名なミネラルウォーターです。
    硬水がはじめから飲みづらい人は、エヴィアンのような中硬水から飲み始めるといいかもしれません。
  • クリスタルガイザー
    アメリカで人気のミネラルウォーターです。
    カリフォルニア州の北部に水源地があり、源泉をボトリングされています。
    海産物に多く含まれるバナジウムを適度に含む硬度38の軟水です。
    口当たりがすっきりしていて低価格なので、毎日の炊飯や水分補給、製氷にも有用です。

まとめ

このように、コンビニなどでならんでいるミネラルウォーターでもこれだけの違いがあります。

この他にも、高級レストランで水を注文するときや、水にこだわって疲労やストレスを回復させてくれるアルカリ水など、水の成分について知識をもっていると、役立つことは多そうですね。

関連記事

コンパクトデジタルカメラで撮影する女性

iPhoneとデジカメ比較するとどうなの?画質は?カメラはどちらがいい?

カーテンを閉めて温度調整する女性

カーテンの短いのが寒い原因?隙間からくる?窓からの対策は?

重曹で掃除のやり方は?スプレーの作り方は簡単?白く残る解決法は?

手鏡を見て肌荒れに悩む女性の様子

タバコが肌荒れの原因になる?電子タバコは肌荒れしない?どれがいいの?

甘酒を炊飯器で簡単に作れる?甘くならない原因は?保存期間は?

ビールグラスを持って微笑むキャンプに来た女性3人

ノンアルコールビールを飲み比べ?ビールに近い?美味しい飲み方は?