宇都宮二荒山神社天王祭のアクセスは?見所は?グルメは?

祭りの文字が書かれた赤いうちわ
栃木県宇都宮市にあります「宇都宮二荒山神社」の「天王祭」というお祭りをご紹介します。

宇都宮二荒山神社の歴史は古く、1600年前に創建されました。

今も変わらず宇都宮の人々の心のよりどころであり、地元の暮らしに根付く神社です。

ここではアクセスや見所、地元グルメをご案内します。

宇都宮二荒山神社天王祭のアクセスは?

宇都宮駅に停車している新幹線の様子
宇都宮二荒山神社へのアクセスは、JR宇都宮線または東北新幹線を利用して、宇都宮駅が最寄り駅になります。

もしくは、東武鉄道の東武宇都宮駅からも徒歩圏内です。

JR宇都宮駅の西口を出て、駅前の大通りを15分ほど西に向かって進みます。

けっこう距離がありますが、平坦な道で歩道も広く取られているので、のんびりぶらぶらとお散歩するのにはもってこいです。

すると突如として、進行方向の右手に木でできた巨大な鳥居が出現します。

これが宇都宮二荒山神社です。

  • 宇都宮二荒山神社

宇都宮二荒山神社天王祭の見所は?

天王祭は、毎年7月に開催されます。

街中には、氏子の町内会が集結して、それぞれの自慢の御神輿を担いで練り歩いています。

ねじり鉢巻に法被といった昔ながらのスタイルで、とても絵になる情景ですよ。

お囃子や太鼓の音も鳴り響いていて、まさに日本の夏を象徴する懐かしさに満ち溢れた光景が広がります。

カメラを構えた方も多く見られます。

写真が趣味の方にはたまらない、フォトジェニックなイベントですね。

お祭りの期間中は、大通り沿いや鳥居を越えた先の参道、さらには付近にあるオリオン通りという商店街まで、たくさんの屋台が立ち並んでとてもにぎやかです。

お祭りの風情を楽しみながら、屋台でお目当ての食べ物を買って、食べ歩きをするのもおススメの過ごし方ですよ。

そして、何よりもこのお祭りの最大の見所。

95段もある長い長い石段を、各町内会から集まった猛者たちが、御神輿を担いで一気に駆け上がり、その速さを競うレースが開催されるのです。

ぜひ、石段の上にあらかじめ陣取って、御神輿が駆け上がってくる情景を見てみてください。

巫女さんの合図をきっかけに、それはもうものすごい勢いで突っ込んできますので、本当に迫力満点の光景を目の当たりにすることができます。

宇都宮二荒山神社天王祭のグルメは?

白い背景に置かれた焼き餃子の様子
もしお時間に余裕がありましたら、宇都宮名物の餃子を是非食べていってください。

宇都宮二荒山神社の真ん前に、「メガドンキホーテ宇都宮店」があるのですが、その地下フロアに「来らっせ」という店舗が入っています。

そこには、宇都宮餃子会に加盟しているさまざまなお店が出店していますので、一箇所で、何種類もの餃子を食べ比べることができます。

テイクアウトや、お土産用の冷凍餃子の購入も可能ですよ。

<来らっせ 本店>
宇都宮市馬場通り2-3-12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店地下1階
TEL:028-614-5388

まとめ

勇壮な日本古来の伝統的なお祭りを楽しみつつ、街自慢のB級グルメに舌鼓を打つ。

宇都宮への小旅行、ぜひぜひおススメいたします。

関連記事

晴れた日の明治神宮の大鳥居

明治神宮初詣の屋台はいつまでやってるの?周辺でおすすめスポットは?

札幌雪まつりの入場料は?費用はどれ位かかっているの?経済効果は?

鉄道博物館の電車のジオラマの様子

鉄道博物館のジオラマはリニューアルした?時間は?運転できる?

母の日のプレゼントを渡す娘と母

母の日の贈り物に手作りはどう?手紙はあり?サプライズの演出は?

結婚式のお祝い電報が飾られているようす

結婚式の電報、処分はどうする?プレゼントしちゃう?保管する?

夜空に打ち上げられたオレンジ色の花火

濃尾花火大会の場所はどこ?場所とりは何時から?バスで行くのがおすすめ?