ホテルのクロークとは?クロークの使い方、荷物の預け方は?

ホテル クロークとは ホテルのクロークとは?クロークの意味は?ホテルのクロークの便利な使い方や荷物・コートの預け方などをお伝えします。

旅行や出張でホテルに宿泊するとき、チェックインより早い時間に荷物を預かってもらうことは可能なのでしょうか。 そんな疑問を解消していきます。

ホテルのクロークとは?ホテルのクロークの意味は

ホテルのクロークとは?クロークとは、一般的にホテルやレストランなどで、 客の手荷物や携帯品・コートなどを一時的に預かってくれる場所を指します。 ホテルの場合、チャックイン前の宿泊者だけでなく、結婚式など手荷物がかさばらないようにクロークで貴重品以外は預けられますね。

ホテルのクロークの上手な使い方 チェックイン前でも荷物預けはOK?

ホテル クロークとは たいていのホテルでは、チェックイン前でもクロークの利用が可能です。 ビジネスホテルの一部ではコインロッカーに預けるタイプのところもあるようですが、ほとんどのホテルは可能だと考えてよいでしょう。 もし心配だったら、ホテルに直接電話して聞いてみるとよいです。

フロントとクロークが分かれているホテルでは、クロークに直接「今日宿泊するんですが荷物を預かってもらえますか」と声をかけてもいいです。 フロントで同じように声をかけると、場合によってはその場でチェックイン出来ることもありますよ。

仮のチェックインをその場で済ませてくれて、ホテルに戻って正式なチェックインをしたときには、すでに部屋に荷物を届けておいてくれたりします。 大きな荷物を持ったまま観光や食事に行くのは億劫ですから、ぜひクロークに荷物を預けて身軽になってください。

ホテルのクロークへの荷物やコートの預け方

ホテルのクロークへの預け方としては、貴重品以外はたいていのものを預かってもらえます。 トランクやリュックなどの鞄から、紙袋などの手荷物、コートやジャンパーなどのアウター類も預けられますよ。 履き替えた靴なども預かってもらえます。

財布や携帯などの身に着けておきたい荷物以外を、すべて預けても大丈夫です。 あまりにも高価なものや壊れやすいもの(ガラス製品その他)など注意が必要なものは、その旨伝えておいた方がいいです。

壊れやすいお菓子やパソコンなど、雑に扱われたくないものが入っているときも、必ず一言伝えておくとのちのトラブルを防げます。 何時ごろ取りに来るかも合わせて伝えておきましょう。

ホテルのクロークの使い方

ホテル クロークとは 荷物を預けると伝票を切ってくれるので、その伝票を受け取って紛失しないようにしましょう。 荷物を受け取るときに、その伝票をクロークの人に渡して荷物を持ってきてもらいます。

帰りに荷物を受け取った際に、クロークのドアマンから「お帰りはどうなさいますか?」と聞かれることがあります。 タクシーに乗るときは「タクシーで○○駅へ行きます」と伝えましょう。 荷物をタクシーまでいっしょに運んでくれて、運転手に行き先まで伝えてくれますよ。

ドアマンがいるのは高級なホテルに限られているかもしれませんが、自分の次の行動を伝えておくとアテンドしてくれたりするので気持ちよくホテルを利用することができます。

まとめ

上手にクロークを利用して快適に過ごしてくださいね。 宿泊者は堂々と、チェックイン前もクロークを利用しましょう。 ちなみに、チェックアウト後にも荷物を預けることが可能です。