敏感肌の日焼け止めおすすめは?紫外線吸収剤不使用がいい?

日焼けを気にする女性
敏感肌だと紫外線に当たると赤くなったり、発疹が出たりして、お化粧どころじゃなくなってしまう・・・

だけど、日焼け止めクリームがお肌に合わなくて、かゆみが出ることもあるから、敏感肌でも使えるものを選びたい!

そんなあなたに、敏感肌の方の日焼け止めクリーム選びについてご紹介します。

敏感肌 日焼け止め おすすめは?

まずは、おすすめの日焼け止めクリームをご紹介しましょう。

  • アネッサ ベビーケア サンスクリーンN(資生堂)

    低刺激で無添加、かつ、お肌が弱く抵抗力がないベビー用なので、敏感肌の方にもおすすめです。
    日焼け止め特有のアルコールによる清涼感もなく、伸びもいいので使いやすいですよ。

  • マイルドサンシールド(アクセーヌ)

    敏感肌用のコスメを扱っているブランドなので、定評があります。
    また、アトピー学術研究グループとともに商品開発をしており、皮膚科でも紹介されるほどです。
    無香料、無着色、オイル・アルコールフリーで安心です。

  • UVミルクEX(NOV)

    臨床皮膚医学に基づいて作られており、皮膚科の医師も勧める日焼け止めです。
    低刺激なのはもちろん、お湯でオフできるのもお肌に優しい秘訣です。

  • 購入する前に、無料サンプルを取り寄せたり、店頭で試してみると、お肌との相性がわかって安心ですよ。

日焼け止め 敏感肌 紫外線吸収剤不使用がいい?

日焼け止めの乳液をつける女性
敏感肌の方が日焼け止めを選ぶときのポイントとして「紫外線吸収剤不使用」であることはとっても大切です。

紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは、紫外線をお肌の中に吸収することで紫外線を減らします。

しかし、健康なお肌ならまだしも、敏感肌が紫外線を吸収することは刺激になりかねません。
というのは、紫外線吸収剤は、主原料が「ベンゼン骨格」という化学物質。
紫外線を吸収した際に化学反応を起こし、肌荒れを引き起こす可能性があります。

そこで、「紫外線吸収剤不使用」のものを選ぶことをおすすめします。

紫外線散乱剤 敏感肌は負担も?

最後に、「紫外線散乱剤」を使用した日焼け止めについてご紹介します。

こちらは、「ノンケミカル」と言われ、子供用や敏感肌用によく使用されています。
紫外線を吸収しせず、反射することからお肌に優しいと考えられます。

ただし、強い防腐剤や人工香料などが含まれていないかを確認しておきましょう。
これらが含まれていると、敏感肌にダメージを与えることがあるからです。

日焼け止めを選ぶ際は、これらに加えて、

  • クレンジング不要のもの
  • お湯で流せる

といった、日焼け止めを落とす際にお肌に負担のないものを選ぶことが大切ですよ。

まとめ

敏感肌の方が日焼け止めクリームを選ぶ際は、日焼け止めのタイプはもちろん、必ずオフするときのことも考えて選びましょう。

関連記事

夏海(なつぅみ)プロデュースの酵素を超えたハッピーマジックとは?

花粉症は秋でもなるの?春との症状の違いは?予防は?

花粉症は秋でもなるの?春との症状の違いは?予防は?

貧血でソファーに倒れ込む女性

貧血の薬は市販でも効果あるの?サプリメントで改善できる?値段は?

女性のデコルテと横顔

デコルテの黒いぶつぶつの正体は?垢?ポツポツの原因は?治すには?

鼻をつまんで顔をしかめる女性の様子

50代女性って加齢臭になるの?原因は?対策方法とは?

日傘をさしている女性

日傘の折りたたみのおすすめ点は?一級遮光って?軽量がおすすめ?