写真の撮り方で食べ物を美味しそうに写すには?iPhoneは?一眼は?

レストランで出てきた料理の写真を撮影するようす
おいしそうできれいな盛り付けの食事をするときや雰囲気のよいカフェに行ったときなど、写真を撮る機会が増えています。

しかし、食べる前にあれこれ撮影に悩んだり、いつまでも撮り続けていたら、せっかくの料理が冷めてしまったり、一緒にいる方がなかなか食べ始められず迷惑になったり、マナー面でも台無しにしてしまうかも・・・

そんなときのために、料理をおいしく素早く撮るコツをご紹介します。

カメラ女子としては一眼レフで上手におさめたいところですが、食事前にカメラを取り出すのも遠慮してしまうことがありますよね。
そんなときはiPhoneの方が便利かもしれません。

スマートに写真も食事も楽しみたいですね。

写真の撮り方で食べ物を美味しく見せるには?

料理の写真をおいしそうに撮影する工夫
食べ物の写真の撮り方のコツとして、まず明るさが挙げられます。

  • ストロボは使用しません。
    料理に不自然なテカりが写ってしまい、おいしそうに見えません。
  • 自然光を利用するのがベストです。

それから、角度も重要なポイントになります。

  • 食べ物の写真を真上から撮ることは、メニューを紹介する写真でない限りはおすすめしません。
    人が食事をするときに、食べ物を真上から見ることがないからです。
  • 自然な写真にするには、目線の角度から撮ることが大切です。

まれにピザなどは、トッピングをしっかり見せることが必要な場合には真上から撮ることもあります。

  • ピントは食べ物の中央手前に合わせ、お皿の奥がボケている構図が料理を引き立てます。

食べ物の写真の撮り方は?iPhoneではどうしたらいい?

iPhoneで料理の写真を撮影しているようす
iPhoneの場合もフラッシュは使わずに自然光で撮ってみましょう。

カメラの設定で、HDRモードをオンにすると、1回のシャッターで「明るめ・適正・暗め」の3枚の写真を連写します。
それを合成し明暗をちょうどよく調整してくれる機能がついています。

例えば明るいネオンなどの白飛びや、暗い部分の潰れを調整してはっきりさせてくれます。

SNSに載せたりする写真なら、盛り付けをわざと全部写さないようにすると魅力的になります。

ただ真ん中に置いて撮ると、つまらない写真になってしまいます。
アプリ等での加工は明るさを上げ、暖色系の色味にすると、それだけでおいしそうな写真になりますよ。

食べ物の写真の撮り方、一眼レフではどうする?

一眼レフの場合もフラッシュは使わずに自然光を利用して撮るのが良いです。

例えばランチセットを撮影する場合、全体を写真に収めるのではなく、メインを1つだけ決めフォーカスを合わせるようにすることがセンスのよい写真を撮るコツです。

背景について、料理に関係ないものは写さないようにします。
誰かと外食しているなどの場合に、背景におしぼりや飲みかけの水などが写りこむと散らかった印象になり、何を撮りたいのかが見えない写真になってしまいます。

そんなときは、一眼レフカメラのマクロ(接写)モードで撮ってみましょう。
接写になることで背景がほとんど写らず、周囲がきれいにボケて、ピントの合っている部分が引き立つ写真になります。

まとめ

写真の撮り方によって料理をより美味しくみせるコツをご紹介しました。

光と角度に注目して撮ってみると、各段に違いが出てきます。

  • 例えばお箸で食べ物をつまんで撮る写真も、箸を持つ手の影が料理に写りこまないように注意するだけで印象が良くなります。
  • 温かい料理は湯気を写す、野菜などは水滴を写してみずみずしさを表現するなど、臨場感を出すこともポイントです。

是非、試してみてくださいね。

関連記事

カーテンを閉めて温度調整する女性

カーテンの短いのが寒い原因?隙間からくる?窓からの対策は?

一眼レフで写真撮影をする女性

一眼レフのカメラバッグで女子向けは?持ち運び方は?カバンでもOK?

観葉植物とハロウィンの飾りの前に置かれたパンプキンパイ

ハロウィンお菓子の簡単な作り方かぼちゃパイレシピ!パイシートアレンジ

賃貸マンションの解約手続をする女性

賃貸マンションの解約時の違約金は?手続きは?敷金返還はあるの?

注連縄を神棚に飾るには?紙垂の意味って?数ってどうしたらいい?

キッチンで食費の節約について悩む女性

食費を節約するコツって?献立のたて方は?お弁当の作り方を教えて!