マンション査定で最高価格を引き出す方法!!

マンション査定最高価格

突然の転勤などで自宅マンションを売却することになった方に、マンション査定で最高価格を引き出すとっておきの方法をお伝えしますね!!
といっても、ホントに簡単ですので、マンション査定を行う前にこれだけは忘れないでいてくださいね!

マンション査定の結果は意味がない!

いきなり今までの流れを否定してしまいましたが、これが事実です。
いろいろな本やいろいろなサイトがありますが、マンション査定でいくら高額査定をゲットしても全く無意味なんです。

なぜか!??

ここからが本質で唯一の回答になります。

マンション査定会社は、売る物件をいつも探しているからなんです。
なぜなら、売る物件を確保できないと、彼らは仕事にならないからです。

つまり、売る物件を確保するためには、高めの価格をあなたにお示して、あなたのマンションを売る権利を取得したいのです。これは、決して査定会社が悪どいといっているわけではなくて、彼らも仕事だということです。

ですから、私たちマンションを売る側としては、査定価格が高い低いということでマンションを売る権利を与えてはいけないということです。

マンションを売る権利??

マンションを売る権利と言われても、よくわからないかもしれないのですよね。
あなたのマンションを売るためには、不動産会社は私たちとマンションをあなたの代わりに売りますよ!という契約を結ぶことになります。

一般に、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」などと言われます。

「一般媒介契約」とは、不動産会社に売却の仲介をお願いするのですが、複数の不動産会社と契約を結むものです。例えば、東京だったら、三井不動産と住友不動産と大成有楽などと契約を結び、それぞれで売却の仲介をお願いすることです。

「専任媒介契約」とは、1社のみにマンションを売却する仲介をお願いする契約です。例えば、住友不動産に全てお願いするという形ですね。

どっちがいいのか??

マンション査定

一般に、自宅マンションをたくさんの人に見て貰えば、その分売却が早まる、売却金額が高まると考えますので、多くの方は「一般媒介契約」がベストだと言っています。
確かに、3社と結べば、3社のお客さんにあなたのマンションを紹介してもらえると思えば、一般媒介契約がベストなのかもしれません。昔なら・・・

でも、私は、絶対に「専任媒介契約」がいいと思います。
あまり専任がいいと言っている人はいないと思うのですが、私は2度のマンション売却から絶対に「専任」がいいと思っているのです。

なぜなら、マンションを買いたい顧客は、どのようにして買いたいマンションを見つけるのかを考えればよくわかるのです。
つまり、昔は、どのマンションが売りに出ているのかわからないので、大手の不動産会社や地元の不動産会社にお願いして、「この辺りでいいマンションありませんか??」と
聞くしかなかったわけですが、現在は、そんなことしませんよね!!

「スーモ」などのインターネットで住みたい場所の不動産・マンションを検索して、「ここのマンション気に入った!!、見に行きたい!!」といって購入のプロセスに入るわけです。

つまり、不動産会社が、スーモなどのインターネット媒体にあなたのマンションを掲載さえしてくれれば、マンションを買いたい層には、もれなく閲覧されることになるのです。

ですから、一般契約のメリットだと考えていたたくさんの顧客層にアクセスできる!というのは、必ずしも正しくないということになるのです。

専任介契約にした方がいい理由

1.お金をかけて宣伝してくれる!
マンション査定

専任媒介契約の場合、そのマンションを売ることができれば、あなたから必ず仲介手数料を手にすることができます。つまり、頑張れば必ずお金が入るのです。売却価格からその仲介手数料を差し引いてあなたにお金が入るので取りっぱぐれることも絶対にありません。
だから、例えば、折り込みチラシをいれてくれたり、休みの日には、オープンハウスをしてくれたりして、お金を使って宣伝してくれるのです。

実際、マンションを購入する方は、その地域が気に入っている現在は賃貸物件に住んでいる方が多いそうです。たまたま折り込みチラシを見て購入するという流れです。オープンハウスも同様の理由でやった方がいいですよね。

こういうお金が発生することもやってくれるのです。折り込みチラシもお金がかかりますし、オープンハウスも看板をもった人をバイトで雇ったりするのでお金がかかるのです。

逆に、一般媒介の場合、その不動産会社が見つけたお客がその物件を購入した場合だけ、あなたから仲介手数料をもらえます。つまり、せっかく宣伝しても、仲介手数料をもらえない可能性が高いということです。ですから、折込チラシなどの宣伝費にお金をかけることを嫌がります。当然ですよね!

ちゃんと、一括査定でお会いする会社の担当者の方に、どのような手段を使って宣伝してくれるか確認してくださいね。専任でも、経費削減で自分たちの利益を増やすために、「折込などはやっても効果はありません」とか「オープンルームは無意味なのでウチはやらないんです!」などと言い張る会社もあるので、注意が必要です。

2.仲介手数料の割引をお願いできる!
一般媒介の場合は絶対にしてくれませんが、専任の場合、仲介手数料の20%とか30%とか割引をしてくれることがあります。これは、一括査定をして、ライバルの会社がたくさんいる場合で、どうしてもその物件を売りたいと思った場合、手数料の値引きを不動産会社の方から提案してくれるということです。

確実に仲介手数料で儲かると考えた場合、こういう値引きで売り物件を確保するという方法ですね。専任契約をした場合のメリットです。

まとめ

マンション査定の価格がどんなに高値であろうと実際の売買には全く関係ないということを覚えておいてください。
大切なことは、マンションを売却するために、どのような手段を使って宣伝してくれるのか?ということを確認した上で、信用できる会社と専任契約を結ぶことです。

まずは、マンションの一括査定サイトで見積もりを取った上で、数社面談しその中から信用できる会社と担当者を見つけることから始めるといいでしょう!

マンション売却については、別サイトでより詳細にまとめましたので、ご参照くださいね!!
マンション売却をサポート!マンションを高く売る8つの注意点

関連記事

ビフィコロンの効果は?|500円モニターを試した結果!