大濠花火大会のホテルはどこがいい?行き方は?どこで見る?

大濠花火大会 ホテル 大濠花火大会は福岡の夏の風物詩です。 最大の魅力は360度鑑賞できるロケーションと言われています。 夏休み家族旅行で東京から訪れてみたいと考えてるあなたへ、ホテルや費用、観賞場所についてお伝えしていきます。

大濠花火大会のホテルはどこがいい?

大濠花火大会は毎年8月1日と決まっています。 開催時間は20:00~21:30と結構遅めです。 打ち上げ場所は福岡市内の大濠公園内にある池の中之島です。
宿泊するホテルは福岡市内で探しましょう。 福岡市内には数多くのホテルがありますが、なかでも家族連れが利用しやすいホテルをピックアップしてみました。
リッチモンドホテル福岡天神
地下鉄天神駅から徒歩10分。 街の中心部にあるので公共交通機関に近く、買い物や食事にも不自由しない便利な立地です。 大人二人子供一人で2万円以下で宿泊できるリーズナブルなホテル。 住所 福岡県福岡市中央区渡辺通4-8-25 電話 092-739-2055
ヒルトン福岡シーホーク
リゾート気分を味わえる豪華客船をイメージしたハイクラスなホテル。 ヤフオクドームに隣接しています。 博多駅から車で15分、福岡空港からは20分の立地。 素泊まり4ベットファミリールーム のプランで33,600円でした。 大濠公園側のお部屋だと、客室から花火が見えるそうです。 客室の指定が出来るのかどうかはホテルに確認してみてくださいね。 住所 福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2-3 電話 092-844-8111

大濠花火大会への行き方は?

大濠花火大会 ホテル 東京方面から行く場合は羽田から飛行機で福岡空港へ向かい、空港から市内へ出るというイメージになります。 東京~福岡間の飛行機は1日63便以上あり、2時間くらいで到着します。とても便利ですよね。 飛行機のチケットは往復3~4万ですが、便によってアップ料金がかかる場合があります。 宿泊付き航空券も3万円代からありますが、少しでも安く行くなら早朝便を選ぶなど工夫しましょう。 福岡市内での移動ですが、花火をどこで見るかによって行先が変わってきます。 あらかじめどこで見るかを決めておき、プランをたてるとよいでしょう。 この日は非常に混雑しますので、移動は余裕を持って行うのがおすすめですよ。 それでは大濠花火大会の見える場所をチェックしてみましょう。

大濠花火大会どこで見る?

打ち上げ場所は大濠公園の池の中の島なのですが、この場所を中心に360度の方向から見られるというのがこの花火大会の特徴でもあります。 ロケーションによってかなり見え方も変わってくるので、いくつかご紹介しますね。
  • 福岡ポートタワー
  • 愛宕神社
  • 片江展望台
  • 大濠公園内

まとめ

大濠花火大会への家族旅行のイメージが湧いてきましたか? 都市部で行われる花火大会では最大級と言われるこの花火大会、ぜひ夏の思い出に家族で訪れてみてくださいね。