電子タバコなら妊娠中でも吸える?電子タバコの妊婦への影響は?選び方は?

電子タバコ 妊娠 妊婦 「妊娠中にタバコを吸うと赤ちゃんに危険が及ぶ」というのは、今や当たり前になっていますが、実際何が危険なのでしょうか。 電子タバコならいいのでは?と思う方もおられるのではないですか? 今回は、妊娠とタバコについての関係についてご紹介したいと思います。

妊娠中のタバコによる赤ちゃんへの影響は?

電子タバコ 妊娠 妊婦 タバコに含まれる有害物質の中で、最も有名なのが「ニコチン」かと思います。 このニコチンには、血液を収縮させる作用があります。 さらに、タバコの煙に含まれているのが「一酸化炭素」です。 この一酸化炭素は、本来ならば酸素と結合して体内に運ばれるはずのヘモグロビンと結合する性質があるので、血液中の酸素が不足してしまいます。 子宮や胎盤に送られるはずの酸素が不足してしまったり、血液の循環が悪くなることによって、子宮の収縮や胎盤の機能を低下させる恐れがあるんです。 さらに流産や早産、前置胎盤や胎盤早期剥離などの恐れもありますし、酸素の不足によって本来赤ちゃんに送られるはずの栄養が行き届かなくなってしまいます。 栄養が届かないということは、赤ちゃんが成長出来ないので、低体重児や発育不全などを引き起こしてしまう可能性があるんですよ。 無事に生まれたとしても、乳幼児突然死症候群のリスクが高まると言われていますし、多動性障害や言語能力の低下などが見られています。

電子タバコなら妊娠しててもいいの?妊婦も吸える?

電子タバコ 妊娠 妊婦 上記の理由から、妊娠が判明すると禁煙を考える妊婦さんは少なくありません。 とはいえ、一度依存してしまうとなかなか辞められないのがタバコです。 そこで気になるのが電子タバコ。 電子タバコの中でも、ニコチンの含まれていないリキッド式の電子タバコというものがあります。 タバコと比べてニコチンやタール、一酸化炭素などは含まれていないので健康面でのリスクはかなり低くなりますし、アロマによってリラックス効果もあります。 とはいえ、あくまでも表面的な見解であって、リキッドに含まれている成分が体にどのぐらい影響があるのかなどは解明されていません。 「タバコを吸う」という行為に依存している場合、電子タバコで十分我慢出来ると思います。 しかし「ニコチン」に依存している場合は、電子タバコにはニコチンが含まれていないので、タバコを吸いたいという欲求は変わらないかもしれません。 本来ならば、完全に禁煙することをおすすめすべきですが、わたし自身も妊娠の際の喫煙にはとても悩まされました。 妊娠中の不安やストレスの解消のためにも、タバコをすった感じだけでも! という人には、リキッド式の電子タバコがいいかなと思います。 (あくまでわたし個人の意見です)

電子タバコの選び方って?

iQOSやプルームなどの加熱式電子タバコにはニコチンが含まれています。 また、リキッド式でも、海外性の安い電子タバコの中には安全とは言い切れないものも多々あるので、日本のメーカーが国内で生産しているものを選ぶようにして下さい。 リキッドに使用されているアロマの中にも、妊娠中や授乳中は禁忌とされているものもあるので、成分はよく確認してから使用するようにして下さいね。

まとめ

妊娠中は、本当はスッパリ禁煙出来たらいいのですが、タバコを吸えないことでイライラしてしまうくらいなら、電子タバコを使ったほうがいいのかも知れません。 ただし選び方にはくれぐれも気を付けてください。 大切な赤ちゃんのためですからね。