恵方巻きは2016年どこを向いて食べる?方角の意味は?決め方は?

13832019 節分には恵方巻きを食べるというのが最近では当たり前になってきていますよね。 2016年の節分も家族みんなで恵方巻きを食べるというご家庭も多いのではないでしょうか。 でも、お子さんから「どうしてこっちを向いて食べるの?」と聞かれて、正確に答えられなかったりしますよね。 お子さんに聞かれたときにきちんと教えてあげられるよう、恵方巻きの方角にまつわるアレコレを紹介していきたいと思います。

恵方巻きの方角は2016年はどの方向?

まずは恵方巻きを食べるときには、毎年決められた方角を向いて食べるということを教えてあげなくてはいけませんよね。 2016年の恵方巻の方角は「南南東」です。 厳密に言うと「南南東やや南」というのが正解です。 でも「南南東やや南」と言われても、それって結局どの方向なのかわかりづらいですよね。 方位磁石があれば一発でわかりますが、無い家庭も多いと思います。 そんなときには、iPhoneアプリの「恵方コンパス」を使えば、簡単にどの方向が恵方か、すぐにわかります。 事前にダウンロードしておけば、わからなくなったときにも安心ですね。

恵方巻きの方角の意味は?

11848479 そもそも恵方巻きの方角の意味はご存知でしょうか。 恵方巻きを食べるときに決められた方角を向きますが、この方角のことを恵方といいます。 恵方には、その年の福徳を司る神様である歳徳人(としとくじん)様がいらっしゃいます。 つまり、恵方巻きを食べるときに向く方角の意味は、歳徳人様がいらっしゃる方角のことなのです。 歳徳人様がいらっしゃる方角を選んで物事を推し進めると、すべて吉と言われています。 諸説ありますが、歳徳人様は美しい姫神だと言われています。

恵方巻きの方角の決め方は?

歳徳人様は毎年同じ方角にいらっしゃるわけではありません。 いらっしゃる方角は毎年変わるため、その年の恵方も毎年変わってきます。 毎年異なる恵方巻きの方角ですが、適当に決めているのではなくちゃんと決め方があるのです。 恵方は、西暦の下一桁によって決められます。
西暦下一桁が6・1の場合、恵方は南南東やや南7・2の場合は、北北西やや北8・3の場合は、南南東やや南4・9の場合は、東北東やや東5・0の場合は、西南西やや西
このように恵方の方角は4つのみになっており、5年周期で繰り返しているのです。 この法則によれば、2016年は「南南東やや南」で2017年は「北北西やや北」になります。

まとめ

2357245 恵方にまつわる言い伝えや決め方など、知らなかったことも多かったのではないでしょうか。 お子さんには少々難しい部分もあるかもしれないので、ぜひかみ砕いて教えてあげてくださいね。