紫外線の目の対策は?紫外線が目に与えるダメージは?UV400とは?

紫外線 目 対策 海や山のレジャーや屋外の仕事などで長い時間、日差しを浴びた後、目が充血したり、痛くなったりした経験はありませんか? もしかしたら、それ、目の日焼けかもしれません。 「日焼け」というと皮膚を思い浮かべますが、目も日焼けするんです。

紫外線が目に与えるダメージは?

紫外線 目 対策
  • 角膜炎(日焼け目・雪目) 症状:痛み、眩しさ、充血、涙が流れる 原因:炎天下で長時間、裸眼で過ごすなど
  • 白内障 症状:視力低下、光が異常に眩しく感じる、暗い所で見えにくい、ぼやけたり、かすんで見える 原因:紫外線の長年の蓄積、加齢など
  • 翼状片 症状:白目の細胞が異常繁殖して黒目を覆う、充血や異物感、視力低下を招く 原因:長年、多くの紫外線やほこり等で目にダメージを受け続けるなど
また、これらの病気の他にも、紫外線が目に当たって目の細胞がダメージを受けると、脳が「メラニン色素を作れ」と肌を守ろうとする指示を出した結果、直接肌に紫外線が当っていないのに、肌が日焼けするということも起きます。

紫外線を浴びた目のケア方法は?

  • 急性の角膜炎 まず氷枕や冷たい水で絞ったタオル等で冷やします。 それからゆっくり目を休ませます。 それでも炎症がひどい場合は、紫外線用の目薬を使ってみるとよいです。
  • 白内障 症状が進行すると失明につながる恐れがあるので注意が必要です。 目薬を使って進行を遅らせることはできますが、手術をしないと根本的に治らないので、病院の受診が基本となります。
  • 翼状片 悪性の病気ではなく、痛みはありませんが、目の中にシミのようなものが広がる病気です。 「見た目」が気になるため、治療をしたいと思う人が多いと思いますが、これも手術しか方法がないので病院の受診を勧めます。

目の紫外線対策は?

紫外線 目 対策 体の外からの対策としては、サングラスが一番効果的ですが、日傘や、帽子などと併用することにでより効果が上がります。 いずれの物品もUVカット加工がされている製品を選ぶようにしましょう。 サングラスもUVカット率の低いものは、紫外線を通してしまうので、購入前にしっかりUVカット率をチェックしてください。 UVカット99%とかUV400と表記されていれば、ほぼ紫外線はカットできるので、安心です。 UV400とは、現段階でわかっている人体に悪影響を及ぼすとされている400nmまでの紫外線をカットしてくれるというもので、屋外でスポーツを長時間行うスポーツ選手もUV400のサングラスを利用しています。 https://item.rakuten.co.jp/curvys/14140/ 「サングラスは、ちょっと恥ずかしい・・」という方は、最近ではUVカット加工のされた伊達メガネや度なしのコンタクトレンズなども販売されていますよ! 体の中からの対策としては、やっぱり食事。
  • 緑黄色野菜からビタミンルテイン
  • 海藻やごまからミネラル
  • 鮭やいくらなど紅色の魚類に含まれるアスタキサンチン
といった栄養素を意識して、バランスのよい食事をすることも目の紫外線対策に有効です。

まとめ

たかが目といってもされど目です。 普段はあんまり意識しないかもしれませんが、実は目にも結構負担が掛かっています。 特に白内障は、加齢により発症することが多いですが、紫外線のダメージによって発症が早まってしまうこともあります。 将来の目の健康のため、素肌の美白のためにも、目の紫外線対策を始めてみませんか?