金属アレルギーの結婚指輪ブランドは?対策は?コーティングって?

金属アレルギー 指輪 ブランド 大切な結婚指輪を選ぶ時、金属アレルギーだとつけられる指輪があるのかどうか不安なんですよね。 せっかくの結婚指輪なので、あまりよくわからないブランドのものよりも、きちんとしたブランドのお店で買いたいと思う人も多いと思います。 安くないお買い物ですし、ネットではなく自分の目で見て決めたいと考える人も多いのではないでしょうか。

金属アレルギーの結婚指輪 ブランドはどこがいい?

有名どころのブランドもので、金属アレルギーでもつけられる指輪はあるのでしょうか。 ブランドを気にする前に、一つ大事なことがあります。 自分が何のアレルギーなのか、きちんと把握しているかどうかです。 お医者さんでパッチテストをした人は、どの金属にアレルギー反応が出てしまうのか自分でわかっているはずです。 もし、まだしていないのなら、パートナーと二人でパッチテストを受けましょう。 結婚指輪は一生ものですから、万が一アレルギー反応が出る金属が含まれている指輪を買ってしまうと、一度も身に着けられないままお蔵入り、なんてことになりかねません。 金属アレルギーは、金や銀、プラチナなどに混ぜ物をするときに使用される金属に反応してしまうアレルギーです。 混ぜ物がなく純度の高い純金ではアレルギーは起こらないとされています。 混ぜ物によくつかわれるのはニッケルやコバルト、銅、パラジウムなどです。 パッチテストでアレルギーのある金属の名前がわかりますので、その金属を避けて指輪を選びましょう。 金属アレルギーの人におすすめの素材として、チタン、ステンレス、プラチナがあります。 最近は、チタンやステンレス製の結婚指輪を扱っているお店もあります。 ただしネットショップのみの無名ブランドが多いので、指輪のブランドにこだわる人には少し物足りないかもしれません。 加工に技術が必要なため、デザインも限られているので、繊細でかわいらしいデザインを好む女性にはなかなか結婚指輪として選ぶふんぎりがつかない人もいるでしょう。

金属アレルギーの結婚指輪はプラチナがいいの?

金属アレルギー 指輪 ブランド そこで、目が向くのがプラチナですよね。 プラチナのマリッジリングは結婚指輪の定番ですし、多くのジュエリーブランドが手掛けているので、デパートや専門店などで実際に目で見て触って選ぶことが出来るでしょう。 ただし、なかには純度の高いプラチナであっても金属アレルギーが出てしまう人もいます。 あくまでも、パッチテストの結果を踏まえて選ぶようにしてください。

金属アレルギーの指輪の対策法は?コーティングがよい?

チタンやステンレスでは気に入ったデザインがない。 プラチナもアレルギー反応が出てダメ。 そんなあなたも安心してください。まだ方法はあります。 それがコーティングという加工です。 これは、通常のジュエリーに耐金属アレルギーのコーティングを施す技術になります。 コーディングなら、自分の好きなデザインの結婚指輪を選ぶことが出来て、アレルギーの心配からも解放されます。 この技術は確かなもので、装着テストを行ってこれまでのアレルギー発症例は0件だそうです。 1つづつ丁寧に加工するため、納期は2~3か月かかるそうです。 余裕をもってオーダーするようにしてくださいね。

まとめ

金属アレルギー 指輪 ブランド コーティングを使えば、どこのブランドの結婚指輪でも好きなデザインのものを選ぶことが出来ますね! 金属アレルギーの人には夢のような画期的な技術です。