電子タバコは依存症で中毒になる?リキッドはニコチン入り?害は?危険の噂の真相!

電子タバコ 依存症 中毒 タバコに含まれるニコチンには依存性があることをご存知の方は多いと思います。 電子タバコにもニコチンが含まれているのでしょうか。 今回は、電子タバコと依存症の関係についてご紹介したいと思います。

電子タバコは依存症になる?

電子タバコ 依存症 中毒 電子タバコの中にも、加熱式電子タバコとリキッド式電子タバコというものが存在します。 JTから販売されているプルームや、フィリップ・モリスから販売されているiQOSは、加熱式電子タバコという分類になります。 これはタバコ葉を熱して、気化された蒸気を吸うというタイプの電子タバコなので、蒸気にニコチンが含まれています。 そのため、加熱式電子タバコは、普通のタバコ同様に依存症は避けられないかと思われます。 中毒になりうるということです。

電子タバコリキッドはニコチン入りなの?

加熱式電子タバコとは別に、リキッド式の電子タバコも販売されています。 FrienbrやJPvaporなどがそれに分類されます。 こちらは、色々な風味が付けられたリキッドを本体に注入して、気化された蒸気を吸うタイプの電子タバコです。 リキッドのタイプの電子タバコの場合、日本ではニコチン入りのリキッドの販売は法律で禁止されているので、海外からインターネットなどで個人輸入しなければ購入出来ません。 つまり、日本国内で販売されているものは、輸入品などであってもニコチンが含まれていないものになります。 ニコチンが入っていないリキッド式の電子タバコなら、依存症の心配もありませんよね。

電子タバコは”危険な害”という噂について

電子タバコ 依存症 中毒 タバコより電子タバコの方が危険だという噂を、聞いたことがあるかもしれません。 事の発端は、電子タバコ3つの製品のうち1つから、アセトアルデヒド(発がん性物質)と、タバコの10倍以上のホルムアルデヒドという成分が検出されたという報道です。 ただし、この3つの製品がどんなものなのかというのは開示されていません。 出所不明の劣悪品なのか、大手企業で大々的に販売されているものなのか…それともニコチンの含まれた製品なのか…。 「タバコの10倍以上のホルムアルデヒドが検出された」という件に関しても、そもそもタバコの煙に含まれている化学物質は4000種類以上。 そのうちの約200種類が致死性の有害な化学物質と言われていて、発ガン性物質は約70種類と言われているんです。 つまり、その中の1種類が電子タバコの方がタバコの数値を上回ったという話なんですよね。

まとめ

最終的に専門家委員会は「健康への影響は否定出来ない」という結論で締めくくっていますが、心配な人は中国製やアメリカ製のリキッドではなく、日本製の安心出来るリキッドを選ぶといいのではないでしょうか。