えのきの消費期限とはどれくらい?見た目やにおいはどうなる?

えのき 消費期限 えのきの消費期限っていつまでなのか、袋に書いていないのでわかりにくいですよね。 買ったのを忘れていて、冷蔵庫からコロッと袋ごと出てきた・・なんてことありませんか。 今回はえのきだけの消費期限と、見た目やにおいで判断できるかどうかをお伝えしますね。

えのきの消費期限とはどれくらい?

えのきは常温保存が出来ないので冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫で保存しても、消費期限は3日程度とかなり短いです。 意外と日持ちがしない食材なんです。 でも、1回で使い切れないこともありますから、なるべく長持ちさせたいですよね。 えのきをなるべく日持ちさせるには、保存方法がポイントになります。 その日使う分だけを割いて、残りはいしづきを残したまま、洗わずに保存してください。 また、買ってきた時の袋のままだと、長持ちさせることが出来ません。 袋から出し、新聞紙でくるんでポリ袋に移し替えて冷蔵庫の野菜室で保存してください。 こうすれば、1週間くらい日持ちさせることができますよ。 スーパーで安くなっていたから買ったけどすぐには使わない!なんてときは、冷凍保存するという手もあります。 洗わずにいしづきを切り落としてえのきをほぐした状態でフリーザーバッグなどにいれて、空気を除いて凍らせます。 冷凍保存では3~4週間もたせることが出来ますよ。

えのきの賞味期限 見た目の違いは?

「あ!えのき買ったの忘れてた~」なんてとき、まだ食べられるかどうか見た目からチェックしてみましょう。 こんなえのきは危険です。
  • 茶色に変色している
  • すぐにかさがとれる
  • ぬめぬめする
  • えのきを押すと水が滴ってくる
こんな状態のえのきは、もったいないですが処分しましょう。

えのきの賞味期限 においで判断?

えのき 消費期限 ヤバいえのきはにおいでも判断できます。
  • 酸っぱい臭いがする
ツーンとするような酸っぱいにおい、これはすでに腐敗が始まっていますので、残念ですが食べられません。 見た目のチェックと合わせて、臭いでも判断してみてくださいね。

まとめ

えのき 消費期限 えのきの消費期限についてお伝えしました。 日持ちがしないので、買ってきたらなるべく早く食べ切るのがおすすめですが、保存方法を工夫することで長持ちさせられることがわかりました。 すぐに使わない時は、買ってすぐに冷凍してしまったほうがいいかもしれませんね。 使うときは凍ったまま鍋に入れればOKですよ。 上手に保存して、美味しくえのきをいただきましょう!