からあげ二度揚げのコツは?油の温度のキープは?維持する工夫もご紹介

油で揚げたから揚げを網ですくっている様子
簡単なようで奥の深い鶏のから揚げ。

二度揚げをするとカリカリになると言いますが、やってみてもうまくカリカリにならないことがありますよね。

二度揚げは、ただ単に二回揚げるだけではうまくいかない・・・?

実はポイントがあるんです。

今回は、から揚げを二度揚げするコツをお伝えします。

からあげ二度揚げのコツは?

揚がったから揚げを箸でつまんでいる様子
外はカリカリ、中はジューシー、それが理想のから揚げですよね。

二度揚げすることでカリカリになるはずが、なぜかべたっとしてしまった、そんなあなたに二度揚げのコツをご紹介しますね。

  • 低温と高温を使い分ける

これが二度揚げのコツです!どういうことか説明しますね。

1回目と2回目の油の温度を変えるということなんです。

1回目は低温、160度で4分程度揚げます。

そして、ひきあげて休ませている間に余熱で火を通します。

2回目は180度の高温で1分程度揚げましょう。

これがパリパリ、ジューシーなから揚げを作るコツです!

油の温度のキープはどうやって?

ここであなたは、油の温度を保つ方法が気になっているのではないでしょうか。

160度と180度の差をつけるには、今何度なのかをきちんと見分けないといけないですし、その温度をキープするのも結構難しいですよね。

揚げ油の温度を見極めるには、菜箸を入れてみるとわかります。

150~160度 箸の全体からこまかい泡が出る
170~180度 箸の全体から泡が絶え間なく上がってくる

そうは言っても、揚げている間に温度が上がってしまいそうだし、新しい鶏肉を投入すると油の温度が下がってしまいます。

どうやって温度をキープすればいいのでしょうか。

油の温度をキープするコツは3つあります。

  • 油は多めに
  • 適温になったら弱火にする
  • 食材を入れ過ぎない
液体は量が多いほど温度の変化がしにくいですので、多めの油で揚げると温度を一定に保ちやすくなります。

適温になったら弱火にして温度を保ちます。

食材をたくさん投入すると油の温度が下がってしまうので、少しづつ入れるようにします。


油の温度を維持する工夫

鍋の縁に温度計がついている様子
160度と180度の差を目で見分けるにはそれなりに慣れが必要なので、最初は調理用の温度計を使うといいですよ。

100均でも売っています。

また、コンロに温度調節を自動でやってくれる機能があると、温度を一定に保つことが出来て便利ですよ。

火加減を操作するのが難しいんですよね。上げ過ぎたり、下がり過ぎたり、こまめに調節しながら揚げ物の様子を見て、粉を付けて準備をしてって、すごく手際が良くないと無理!

自動調節機能はすごく便利だと思います。

最近はやりのグリル鍋も、温度調節機能がついているのでおすすめです。

おしゃれでかわいいブルーノのグリル鍋が、とても人気になっていますね。

まとめ

今回はから揚げを二度揚げするコツをご紹介しました。

ポイントは温度をうまく使い分けること、そして油の温度をキープする方法についてもお伝えしました。

慣れるまで難しく感じるかもしれませんが、自動温度調節を利用するのもひとつの手ですよ!

関連記事

キッチンで調理器具を持つ笑顔のエプロン姿の女性

夕飯の支度は何時からする?面倒なときは?家事のスイッチをいれるには?

NO IMAGE

浴衣を洗う頻度はどのくらい?帯は洗えるの?洗わないとどうなる?

NO IMAGE

えのきの消費期限とはどれくらい?見た目やにおいはどうなる?

白い背景に置かれた電子タバコ

電子タバコは依存症で中毒になる?リキッドはニコチン入り?害は?危険の噂の真相!

足痩せダイエットを試みる女性

足痩せダイエット筋肉質の人の方法は?より効果的にする秘策とは?

青空の下できれいに映える田舎の駅

JRでの途中下車ルールは?お得な切符の買い方は?自動改札は通れる?