ドライいちじくの食べ方は?乾燥いちじくの保存方法・アレンジ方法は?

ドライいちじく 食べ方 ドライいちじく(乾燥いちじく)の食べ方って、どうしたらいいのかわかりにくいですよね。

皮のまま食べていいの?水で戻すの?そのまま食べるの?

などなど、素朴な疑問にお答えします。

ドライいちじくの食べ方は?

ドライいちじく 食べ方 ドライいちじく(乾燥いちじく)はドライフルーツとして売られています。

他のドライフルーツと同じように、そのままで皮をむいたり水で戻したりせずに食べられます。

少し固いなと思っても、口の中でだんだんと柔らかくなってきますよ。




そのまま食べてもじゅうぶん美味しいのですが、飽きてきたらアレンジするといいですよ。

人気の食べ方は、ヨーグルトにドライいちじく(乾燥いちじく)を入れて一晩おく方法です。

翌朝の朝食に食べると便秘解消になるということで、とても人気がありますよ。

他にもおすすめの食べ方がありますので、ご紹介しますね。

ドライいちじく(乾燥いちじく) おすすめのアレンジ

ドライいちじく 食べ方 ドライいちじく(乾燥いちじく)はお菓子作りに使えます。

ナッツとの相性が抜群なので、クルミやアーモンドと一緒に使うといいですよ。

ケーキやマフィン、スコーンに入れたり、パンにいれても美味しいです。

他には、トッピングとしてサラダに使うのもおしゃれですよ。





トッピングと言えばアイスのトッピングにするとおいしいのが、ドライいちじく(乾燥いちじく)の洋酒漬けです。

ラム酒や赤ワイン、ブランデーやリキュールなどにドライいちじく(乾燥いちじく)を1週間ほど漬け込むと、ドライいちじく(乾燥いちじく)の洋酒漬けのできあがりです。

そのまま食べても美味しいですし、紅茶のお茶うけにとってもよく合います。




ドライいちじく(乾燥いちじく)の洋酒漬けは、クリームチーズと合わせるとお酒のおつまみとして絶品です。

生ハムで巻いたりしても、おしゃれなおつまみになりますよ。

サンドイッチにするのもおすすめです。

クリームチーズの塩気と、ドライいちじくの甘酸っぱさが絶妙なおいしさです。

ドライいちじく(乾燥いちじく)の保存方法は?

最後に保存方法についてお伝えしますね。

すぐに使い切れない時は、上手に保存しておけば長く楽しめます。

ドライいちじく(乾燥いちじく)の保存で気を付けなければいけないのは、カビです。

そこでおすすめは、冷蔵庫か冷凍庫での保存です。




冷蔵庫で保存するときは、ジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いて密閉します。

なるべく空気に触れないように、湿気にふれないようにして冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫よりさらにおすすめなのが冷凍庫です。




実は、ドライいちじく(乾燥いちじく)は糖分が高いので冷凍庫では凍らないんです。

冷凍庫から出しても、すぐに食べたりお菓子に使ったりすることができるんですよ。

冷凍庫の方が低温で温度も一定に保ちやすいので、冷凍がおすすめです。

もともとドライフルーツの賞味期限は長いですが、冷凍しておけば美味しさを保つことができそうですね。

まとめ

ドライいちじく(乾燥いちじく)の食べ方とアレンジ、保存方法についてお伝えしました。

美容と健康にいいということで注目されている、ドライいちじく(乾燥いちじく)。

最近は手に入りやすくなり、キロ単位での調達もできます。

沢山買ったら冷蔵庫か冷凍庫で保存してカビを防ぎ、最後まで美味しくいただきましょうね。